門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.07.02
コロナ禍の治まりを祈念!八坂神社社参。今日は例年であれば祇園祭山鉾巡行くじ取り式の日。各山鉾町代表の皆さんによる八坂神社社参、厳かに。コロナ禍の下で、感染拡大防止に最大の配慮をされ、皆さんの懸命なご尽力により、祇園祭の起源、本来の趣旨に則り熱い心と一致協力でこうした行事が厳粛に執り行われることに敬意。

例年の市会議場でのくじ取り式や「山鉾巡行」「神輿渡御」など一部の行事が行われないのは寂しいです。ただ 祇園祭は7月末まで、感染防止のため規模を縮小して厳粛に実施されます。本日は各山鉾町の代表の方による八坂神社へのお参りが行われました。
京都の歴史は疫病や自然災害の収まりを願い、行動し、乗り越え発展してきた歴史。祇園祭がその象徴であり、先行き不透明な今日、歴史から学びウィズコロナ社会のもと未来を共々に展望して行きたいです。
祇園祭関係者の疫病・コロナ禍克服、人々の幸せと世の安寧を祈られる熱い思いに改めて感銘。今年の祇園祭が規模を縮小されつつも、しっかり行われることは心強い限り。八坂神社 森宮司、山鉾連合会木村理事長、清々講社 今西幹事長はじめ、全ての関係者の皆さんに心から敬意と感謝。

今月の記事

アーカイブ