門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.07
第30回の新型コロナ対策本部幹事会。感染状況を多角的に分析し、的確な対策を。また、中小企業、市民生活の状況等を把握して下支えのための取り組みを徹底議論。引き続き全力投球します。

6/27以降7/22迄 8件のクラスターが発生、うち飲食店利用によるものが6件、特にキャバクラなど深夜の接待を伴う飲食店での感染が拡大。
夜遅く、二次会等利用による接待を伴う飲食店等での感染拡大、クラスター発生に対処するため、保健師等により徹底的な疫学調査で接触者を把握、広範囲なPCR検査により7割近くの感染経路を把握。また、クラスター対策指導チームによる徹底指導、「ガイドライン遵守ステッカー」「あんしん追跡サービス」の活用等の取組を進めるとともに、「①飲食店でクラスター等感染者が発生した場合」、「②感染防止策が実施されておらず、感染経路の追跡が困難な場合」には店舗名の公表も辞さないとする目安を公表。市内約20000件の飲食店に通知を送付します。
市民の皆さんに対しても、新聞広告やウェブサイト・アプリでの啓発、チラシ・ポスターなどあらゆる媒体を使い、飲食店利用時の注意事項をお知らせしてきたところです。
現在、飲食店等でのクラスターは半月ほど発生していませんが、連日、新規感染者が発生、また、徐々に感染経路不明のケースも増加しつつあり、市中感染への危機感が高まります。
お盆を前に、より踏み込んだ対策について幹部職員らと徹底議論。店舗等でのガイドライン遵守を徹底し、感染拡大を防ぐため、対策指導チーム等の取組を加速させるとともに、保健師の調査、食品衛生監視員の指導等、また、市民生活、中小企業の下支えへ、きめ細かい対策など、全庁体制で議論し力を尽くします。

今月の記事

アーカイブ