門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.20
コロナ禍のもと、隔離診療で安心安全を!YKK AP(株)、(株)滋賀原木、匠堂合同会社の皆さんのご尽力により、発熱外来患者など新型コロナ感染疑い例の診察やPCR検査の検体採取等を行うための「隔離診療用ユニット」を市内の2つの医療機関にご寄贈いただきました。深謝

市民の命と健康を守る医療機関で、感染拡大を防ぐことは大変重要!医療従事者、患者さん双方の、より一層の安心安全が求められます。
滋賀県の建築会社である匠堂(北村卓造代表)がユニットを製造、(株)滋賀原木(熊川三興社長)、YKK AP(株)住宅関西支社(福島信明副支社長)が製造・販売支援にご尽力いただき、京都市内の医療機関で有効活用してほしいとして、ありがたいご寄付のお申し出。皆さんの高い志に頭が下がります。
国内産木材と匠の技、更にYKKさんの最先端技術が生かされ断熱効果等も。尽力いただいた全ての方々に心から敬意と感謝。京都市も、感染拡大防止に向けて引き続き全力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ