門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.31
9月を「京都市コロナ感染防止徹底月間」に!市民、事業者、医療機関、福祉関係者等で心一つに取り組みます!あらゆる施策を総動員、命と健康、暮らしを守る!コロナ禍の収束へ!保健所の体制強化、クラスター対策チームの体制強化!市民ぐるみでウィズコロナ社会への行動変容、業種別ガイドラインの遵守へ!集中的に呼び掛け・実践!9月補正には第5弾の経済対策も!全庁挙げた対策強化を指示。新型コロナ対策本部会議。

まずは市民・事業者の皆さん、医療・福祉、子育て支援・教育など感染拡大防止へのご尽力に敬意と感謝。
この間、キャバクラ等の接待を伴う飲食店、カラオケ、福祉施設、病院でクラスター発生。家庭内感染、高齢者への感染、病院・福祉施設内での感染、保育所にも広がり、感染経路不明も少しづつ増加。
感染防止対策にご尽力いただいている市民、事業者の皆さんがおられる一方で、まだガイドラインを知らない、守らない事業者があるなど、周知・啓発が行き届いていない状況もあります。
秋から冬にかけてはインフルエンザの同時流行の恐れも。今、この時期に全庁挙げて、市民ぐるみ、地域ぐるみで取り組むことで事態を収束へ!9月を「感染防止徹底月間」に位置付け、保健所の体制強化、クラスター対策チームの強化、情報発信や注意喚起の徹底等、更なる感染防止策を集中的に!
保健所体制(保健師35名、現行でも他都市より強力!地を這う調査で感染経路は3分の2が判明)を一層強化!平日夜間及び休日に区・支所の保健師による応援体制5名を増員!更に、保健師の前倒し採用を進めるとともに、民間活力導入も!9/3から順次、人材派遣会社から保健師・看護師を、最大24名の体制確保!
幹部職員6名によるクラスター対策チームの体制を、課長補佐級等の職員も含めた20名体制に強化!
情報発信も徹底強化!事業者への呼び掛け、1週間ごとの感染状況の特徴や注意点など、実際の事例も含め分かりやすく周知・啓発!あらゆる機会を捉えて情報を確実に届けます!区・支所はじめ全庁挙げて、各業界団体や地域団体等とも協働で市民ぐるみの感染防止対策へ!
市民、事業者の皆さんに改めてお願いです。
家庭内にウイルスを持ち込まないよう、3密回避、手洗い・うがい、体調管理の徹底、高齢者を守るための消毒、マスク着用等をお願いします。
飲食店では大人数、長時間や深夜の宴会の自粛、ガイドライン遵守ステッカー掲示店の利用、追跡サービスの利用をお願いします。
飲食店等事業者の皆さんは、ガイドライン遵守ステッカー掲示、追跡サービス導入等、一層の感染防止策の徹底をお願いします。
長期にわたる新型コロナとの闘い。疲弊する市民の暮らし、京都経済。9月市会に向け、叡智を集めて第5弾の支援策を構築!
引き続き、国・府、医療機関や経済団体等、関係者と連携し、市民の皆さんの命と暮らしを守るため、全力を尽くしてまいります。