門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.04
京都市が3年連続全国1位に!「日本の都市特性評価」。日本のシンクタンク・森記念財団が6分野83指標で全国109都市(前回は72都市)の特性を総合的に分析。京都市は昨年に続き「文化・交流」、「研究・開発」分野で1位!「文化と研究という2本の柱をもつ世界的な文化都市」として高い総合評価。市民ぐるみの取組の成果!嬉しいです。皆さんのご尽力に心から感謝。

特に文化財、観光、景観まちづくり等のハード資源、トップ大学、研究論文の数など知的資源について極めて高い評価!「世界に誇る文化資源のみならず、日本トップクラスの知的集積も有する、磁力にあふれた都市」との分析。これは市民の皆さんはじめ、NPO、企業、大学等、まちづくりを主体的に担っていただいている皆さんの努力の賜物。深謝。
ウィズコロナ社会、京都の強みを生かした市民ぐるみの取組により、危機を克服!引き続き、共々にまちの魅力向上、持続可能なまちづくりに全力を尽くす決意を新たに。

日本の都市特性評価


今月の記事

アーカイブ