門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.14
京都料理組合役員会に出席し、京都の宝、食文化・料理屋さんがコロナ禍の下、極めて厳しい状況に!この危機を乗り越え、食文化・料理屋さんの継承・発展のため、共々に努力することを誓い合いました。

平成25年、ユネスコ無形文化遺産に「和食:日本人の伝統的な食文化」が登録。平成29年には文化芸術基本法に「食文化」が明記されました。その和食、食文化の原点が「京料理」であり、京都の長い歴史と四季折々の自然の中、世代を越えて育まれてきた「京の食文化」を体験できる「料亭」。
その料亭はじめ京都の料理屋さんで、コロナ禍による厳しい状況の中でも感染拡大防止に細心の注意を払われ、ガイドラインに基づいた対策に取り組まれながら営業を続けていただいている京都料理組合(寺田紳一組合長)京都府料理生活衛生同業組合(園部平八理事長)の皆さん。頭が下がります。未来に向け、食文化の継承・発展は不可欠!昨日も、西村康稔大臣へ緊急要望!感染防止に万全を期し Go To Eatキャンペーンを活かす取り組みに理解を要請!
日本料理の発展、伝統と格式ある食文化の振興に大きく貢献いただいている皆さんのご尽力に心から敬意と感謝。共々に頑張ります。