門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.16
漢字ミュージアム 高坂節三 館長、山崎信夫 副館長がお越しに。コロナ禍により極めて厳しい状況下でも懸命に創造的に取り組まれる皆さんに敬意

4年前、祇園石段下・元弥栄中学校跡に開館した日本初の「漢字ミュージアム」。単に漢字を見るだけでなく、体験できる展示や、漢字が遊びのツールとなるテーマパークのような展示など「触れる」「学ぶ」「楽しむ」ことにより、驚きや発見を生み出す体験型ミュージアム。
入り口には清水寺 森清範貫主による迫力ある揮毫「今年の漢字:令」が設置。1階には漢字5,000文字タワーや映像シアター等、2階には漢字を学べる20の体験コーナーや図書館等も。日中韓で決められた「共通漢字808字」も魅力的です。
コロナ禍による臨時休館中も臨時のWeb講座や全国119のミュージアムが参加する「おうちミュージアム」など自宅で学び、楽しめる企画を実施。再開後も、感染防止策を徹底して様々な企画が行われていますが、入館者数は大きく減少。厳しい状況です。
日本文化の根幹・漢字。日本の心のふるさと、京都で漢字の起源・真髄を知り、精神文化を学ぶ。京都ならではの素晴らしい施設の魅力をこれからも発信し、共々にコロナを乗り越え未来に向けて努力していくことを誓い合いました。