門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.21
「KYOTO GRAPHIE/京都グラフィー」片山真理「home again」@嶋臺ギャラリー。

先天性の四肢疾患により9歳で両足を切断された片山さんが、自らの身体をモチーフにした作品や故郷である群馬県にほど近い足尾銅山を取材した作品など、初期から近作への変遷を最新作も交えて展示。心に響く作品に感銘。じっくり拝見しました。感謝。