門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.07
叡智を集め、ウィズコロナ時代の新たなマラソン大会に!「京都マラソン2021」に向けた実行委員会。走ることを楽しむ!コロナに負けない健康づくり!裾野を拡げ、世界中から参加できる「おんらいん京都マラソン」、感染防止を徹底し、仲間と喜びを分かち合う!西京極での「ランニングイベント」の開催を決定。

京都での新型コロナ感染拡大前に開催した2/16の第9回大会は、感染防止策を徹底して開催し大成功!感動的でした。ご尽力いただいた全ての皆さんに感謝。
10回目となる「京都マラソン2021」は、アプリを活用したオンラインマラソン!市民、参加者の皆さんの安心安全、感染拡大防止に最大限配慮し、前向きに走ることを楽しみ、挑戦する大会に!定員は個人7,100人、グループ200組(最大1,000人)、車いす100人。期間内(約1箇月間)に自由なコースで42.195キロ!完走者には京友禅柄のリボンのメダル!今回も、東日本大震災の鎮魂と復興支援の大会とし、京都から息の長い支援を継続。
また、西京極総合運動公園では3人1チームで参加する10,000mタイムトライアル!競い合いながら、仲間で喜びを分かち合っていただけます。また期間中は「おんらいん京都マラソン」で走れるようたけびしスタジアムを開放!11月には出走応援イベントとしてランニングスクールも。
コロナ禍でランニングを始めた方も含め、参加しやすい大会に。楽しみながら健康に!ウィズコロナ時代のこうした創造的で新たな取組が、レジリエンス、SDGsの実現に繋がります。第10回大会の大成功を祈願。田中セツ子 京都陸上競技協会会長、岶田正義 実行委員長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

今月の記事

アーカイブ