門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.12
日本航空 武井真剛 執行役員・西日本地区支配人がお越しに。阪田英治 京都支店長、勝俣達也 統括マネージャーもご一緒。コロナ禍の厳しい状況下、懸命なご尽力に敬意と感謝。感染拡大防止と社会経済活動の両立、京都の魅力発信等について意見交換。深謝。

日本航空では、JALグループ全線でご覧いただける機内誌「SKYWARD」に酒どころ・伏見の特集記事を掲載いただくなど、京都の魅力発信にご尽力。感謝。
コロナ禍により旅客需要が落ち込む中、現在国際線は9割弱、国内線が3割が減便や運休に。しかし、この間 国内線は乗客が回復し、5割程の乗客率との事。

また、乗務する機会が限られている客室乗務員約1000人により地域活性化を進める新たな部署「地域事業本部」を11/1付で発足。地方への観光需要喚起に向けた商品開発等の取組や、ドローンを活用した物流などの事業化を進められます。危機をチャンスに、皆さんの創造的な取組は心強い限り。
これからも京都の魅力発信はじめ地域の活性化、持続可能なまちづくりに向け、連携を深めていくことを誓い合いました。


今月の記事

アーカイブ