門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.18
「KIMONO」を通して世界を一つに!相互理解を深め、世界平和へ!213の国と地域をイメージした着物426点を展示!「着物に世界を映す」展覧会、感激しました!@京都市京セラ美術館

世界各国の歴史・文化・風景をモチーフにした着物が展示。柄は各国の大使館などにヒアリング、また小中学校の児童生徒がその国を学習したアイデアを取り入れたデザインも。日本各地の着物作家が創作した、上質な素材と匠の技によって生まれた美しい振袖、帯の数々。まさに京都、日本が世界に誇る芸術!感銘!京都の匠きら若き、未来の名匠までご活躍、心強い限りです。
各国を映したKIMONOを通して互いの人々、文化を知る、理解し合うことは平和の原点!改めて伝統産業、文化、そして相互理解の大切さも実感!
ご主催の京都工芸染匠協同組合(竹鼻進理事長)、世界中の国をテーマに着物と帯をつくる「KIMONOプロジェクト」を進められる(一社)イマジン・ワンワールド(手嶋信道代表)の皆さんはじめ、ご尽力の皆さんに敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ