門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.28
府市協調で再生医療分野、ライフサイエンス分野を支援!「iPS細胞をはじめとした再生医療等の技術開発応援プロジェクト」のクラウドファンディング募集開始!西脇知事、山中伸弥(公財)京大iPS細胞研究財団理事長とともに共同記者会見。

京大 山中教授の研究グループが開発されたiPS細胞をはじめ再生医療技術は、病気や怪我等で失われた身体機能の回復等につながるものとして期待されており、近年では、市内の大学の研究者やベンチャー企業等による研究が活発に行われています。一方でその実用化に向けては、安全性や費用等の面に課題があり、再生医療技術を「誰もが受けられる医療」にするためには更なる研究開発が必要な状況です。
京大iPS細胞研究財団では、山中教授を先頭に「iPS細胞を使った再生医療を一日も早く良心的な価格で実用化したい」との思いの下、iPS細胞の製造・保管、全国の研究者・企業への橋渡しを担われています。高い志に敬意と感謝。
今回のプロジェクトは、クラウドファンディングを活用し、財団を支援、また再生医療分野の最先端で研究開発に取り組む大学研究者や企業を支援するもの。
京都は、伝統と最先端技術との融合により独自の強みを発揮する企業、世界をけん引する大学・研究機関が集積しており、これまで数々のイノベーションを起こしてきたまち。そうした京都ならではの特徴を最大限に活かし、病気や怪我に苦しむ世界中の方々を救う革新的な再生医療技術により、「誰ひとり取り残さない」SDGsを実現する社会へ!府や関係者と連携し、全力で取り組みます。
全国の皆さんのご賛同と温かいご支援をお願いします。


今月の記事

アーカイブ