門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.12.07
感染防止対策を徹底しご開催。日本の心!きもの、和装の振興にご献身!日本きもの連盟が今年4月に、一般社団法人化!「(一社)日本きもの連盟 第1期設立総会」。厳しい状況の中で和装産業の川上・川中・川下が一致協力して和装文化の振興、新市場の開拓等に創造的に取り組まれる奥山功会長はじめ皆さんに敬意と感謝。

来賓として(一)全日本きもの振興会 野瀬会長、西陣織工業 舞鶴理事長はじめ錚々たるリーダーがご参加。皆さん、和装産業の振興に尽力され、現在、全国700店の呉服店などがご加盟。これまで日本きもの連盟の皆さんと共に、和装のユネスコ無形文化遺産登録に向けた取り組みや「ゆかたの日(7/7)」・「きものの日(11/15)」の推進、成人式を「二十歳のつどい」として継承する取り組み等にご献身。また和装教育国民推進会議の中心団体として中学校での和装教育を推進。多岐にわたる志高いご活動に敬意。今年4月に一般社団法人化され、全国各地でより創造的な取組を推進されます。
京都市でも和装文化を市独自の無形遺産に認定、仕事始めや「きものの日」、祇園祭前祭・後祭の山鉾巡行に合わせて職員の和装勤務を奨励するなど、和装の魅力発信に努めています。
担い手不足や売上減少、またコロナ禍により一層厳しい状況もありますが、皆さんと手を携え、和装をはじめ日本の生活文化、それを支える伝統産業の振興へ!機能強化した文化庁の京都への機能を強化しての全面的移転も見据え、全力を尽くしてまいります。