門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.01.13
市民の皆さんの命・健康・暮らしを守る!体制の更なる拡充。早急にワクチン接種の仕組みの構築へ、専門部署を設置し万全の体制整備!。更にコロナ対策の最前線の保健所・保健師(医療衛生室)の体制拡充!合わせて障害者支援、地域の健康づくり、団地再生を行うポストへ、13名の職員に発令、激励。

極めて重要なワクチン接種に向けた準備体制を構築!。医師会・医療機関等と協議しご協力の下、医師・看護師等の確保、接種券の送付や市民からの相談対応(コールセンターの設置も)、医療機関・集団接種会場の確保・運営、等々 膨大かつ緻密な準備が必要です。国の取り組みも詳細が不確定な段階ですが、京都市として全庁体制で準備に取り組みます。
大都市トップの保健所・保健師体制を更に強化!課長級保健師1名を増員。保健師・薬剤師・獣医師による更なる応援体制も構築し、66名体制から84名体制へ大幅強化!
また、障害のある方の社会復帰に向けた相談支援、地域の健康長寿・子育てしやすいまちづくりなどどれも重要なポスト!
コロナ禍のもと、市民のいのちと健康、暮らしを守るため、全庁一丸に取り組みます。厳しい財政状況、また顕在化する社会的課題。危機を乗り越えるからこそ、人は成長!組織は前進!それぞれが遺憾なく力を発揮していただくとともに、オール市役所で共々に京都の未来へ!よろしくお願いします。