門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.03.02
ウィズコロナ社会、「健康長寿のまち・京都」の推進、そして「がん検診」の受診率向上へ!明治安田生命保険相互会社、中外製薬(株)、(株)ケーエスケーの3社と京都市とでオンラインによる連携協定締結式。

人生100年時代。市民の皆さんに生涯健康で明るくいきいきと過ごしていただくため、本市では、118団体にご参画いただいている「健康長寿のまち・京都市民会議」や「いきいきポイント事業」はじめ健康長寿のまち・京都に向け様々な取組を進めています。その一環であるがん検診は、受診者が増えており(昨年度6,500人増)、一層の受診に向け広報等に取り組んでいるところ。
この度、健康づくりの普及啓発やがん検診の受診率向上等に実績豊富な3社の皆さんと連携を強固に、一層の取組を推進できることは心強い限り。
皆さんと共々に、コロナ禍を乗り越え健康長寿のまち・京都の実現へ、そして誰一人取り残さないSDGsの達成へ、力を尽くしてい参ります。
明治安田生命 松田昭寿 理事京都支社長、中外製薬 福島正 関西統括支店長、ケーエスケー寺村明 京滋営業部長に心から敬意と感謝。