門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.03.23
祝ご卒業!京都市立芸術大学卒業式、大学院修了式。感染防止策を徹底し、2回に分けて開催。卒業生、修了生の凛としたお姿、芸大ならではの自己表現、赤松玉女学長の含蓄のある式辞に感銘!厳粛な中にも芸大生ならではの創造性が随所に。皆さんのご活躍を心から祈念。2023年度の京都駅東部・崇仁地域への移転も見据え、母校芸大・後輩へのご支援、更に京都を拠点に国内外での創造的なご活躍をお祈りします。

明治維新で都市存亡の危機に直面した京都において、先人たちの熱意により我が国初の画学校として御所の中に設立。今年度創立140周年!時代を先導する優れた芸術家を数多く輩出され、文化勲章受章者、文化功労者も多数。「文化芸術都市・京都」の誇り・宝です。コロナ禍のもとでも感染防止策を講じた創作・表現活動を意欲的・創造的に実践される皆さんに頭が下がる思いです。
本日、美術学部、音楽学部の卒業生180名、修士課程70名、博士課程5名の皆さんが新たな門出を迎えられました。心豊かな生活に必要不可欠な文化芸術。コロナ禍でその重要性が改めて認識されています。芸大移転の前年には文化庁も京都市は全面的に移転。文字通り京都が日本の文化の都に。歴史と伝統に輝く本学で、そして文化芸術都市・京都で学び、切磋琢磨しながら培ってこられた感性や技術、創造性をを一層輝かせ、人々の幸せと文化芸術の振興、そして、SDGsの達成へ、それぞれの道で力強く羽ばたいていただくことを祈念。