門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.08.12
感染爆発とも言える厳しい状況です。本日、京都府が緊急事態措置を視野に国と協議していくことを決定。病床使用率が7割を超えるなか、命と暮らしを守り、医療崩壊を防ぐためにも、緊急事態宣言の発出を含めた国との協議は私も必要と考えます。 報道各社の市政記者の皆さんの取材をお受けしました。

感染力が非常に強いデルタ株の割合が8割を超え、市内でも連日200名を超える新規感染者を確認するなど、感染爆発とも言える厳しい状況。特に30代以下の若い方の新規感染が約7割。命と健康を守るため、再度感染防止対策の基本の徹底をお願いします。
お盆は休暇をお取りいただき、ご自宅で過ごしていただくようお願いします。不要不急の外出、帰省や旅行などの府県を越える往来の自粛を重ねてお願いします。五山の送り火についても、密の回避のため縮小されます。ご自宅でテレビ等でご覧いただき、お精霊さんをお送りください。
市民の皆さんの命と健康を守り抜き、何としても医療崩壊を防ぐため、引き続き、府、医師会、私立病院協会、看護師会、薬剤師会等と連携を深め感染防止策、医療体制確保へ全力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ