門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.08.12
「京都市電話診療所」開設など自宅療養者への対処。 感染者の急増に伴い、自宅療養者が急増してます。必要な人に必要な医療を!。保健所・保健師等による健康観察・指導を徹底すると共に、病状に応じた必要な医療に確実につなぐために医師会と協議し「京都市電話診療所」を8/17から開設。医師の判断の下に、京都府の入院医療コントロールセンターに繋ぎます。さらに、必要な方に訪問看護を開始します。これらについては、府医師会、私立病院協会、看護協会、薬剤師会の全面的なご支援により実施。ご理解ご協力に感謝します。

保健所による健康観察・指導と共に、重症化リスクの高い患者さんを把握し、医師が電話で診療を実施。①病状把握、療養上のアドバイス②服薬処方の実施③陽性者外来や入院の調整業務との連携などにより、適切な治療に繋げてまいります。また、必要な場合 「訪問看護」にも繋ぎます。ご支援いただく医療関係者の皆様に心から敬意と感謝。
8/18から島津アリーナ京都に開設される入院待機ステーションを府市協調で運営!京都市消防局からチームを編成し、複数の職員を24時間体制で常時派遣します。
また、お盆期間・日祝等の休診日に 特別に 診察・検査を行っていただく医療機関に対しては、京都市として支援を行ってまいります。

今月の記事

アーカイブ