門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.08.28
ラジオ2番組に出演。新型コロナが爆発的に感染が拡大。このままでは医療崩壊を起こし、救える命が救えなくなりかねない厳しい状況。 命を守る行動をお願い。 特に家庭内感染が深刻に。家庭内での感染拡大防止の徹底をお願いします。 京都市の保健所の体制を2倍に(170人から324人に!)強化するなど、必要な人に必要な医療を! 全力投球。コロナへの対応状況、ワクチン接種、行財政改革の目的などを説明。

αSTATION「RADIANT MORNING」(DJ下口雅充さん)、KBS京都「大作・英樹のだいすき☆京都」(羽川英樹さん、西上真帆さん)。
<お話した内容>
・コロナの感染状況と家庭内感染防止のお願い(感染経路が判明している感染者の6割以上が家庭内での感染!)
・家庭内感染防止のための宿泊費の京都市独自の助成の拡充(500円→2,000円)
・保健所での検査体制や疫学調査の体制強化(全庁から154名増員!)
・府医師会との連携や薬剤師会の協力による「京都市電話診療所」の開設、医師の診断と地域の薬局から薬品のお届けも。抗体カクテル治療への繋ぐ取り組み。
・ワクチンの効果、接種促進。地域の800の診療所・病院へのご相談を。また、京都市の開設する14の登録の案内、妊婦の優先接種の開始
・京都大学及び京都産業大学と連携したワクチン接種の実施(8/31~ポータルサイトで予約受付、12,000回分)
・行財政改革計画の目的、持続可能な財政の確立。子どもや孫の世代に負担の先送りをしない。京都市ならではの福祉、教育・子育て支援、安心安全など全国水準を超える施策を持続可能なものに再構築、魅力溢れる京都を皆さんと共に次世代へ引き継ぐ。人件費をはじめ歳出削減と共に京都の強み・ポテンシャルを徹底して生かした成長戦略、地域企業・市民生活の豊かさに繋いで歳入の増加を。


今月の記事

アーカイブ