門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.04
地域の医療機関、京都市運営の集団接種会場や職域接種会場等でワクチン接種を推進。京都市中央卸売市場が(医)松仁会 内田病院のご支援の下実施する職域接種と京都看護大学が市立病院と連携した集団接種会場、京都工場保健会の集団接種会場の3箇所を視察。接種に献身くださる全ての皆さんに心から敬意と感謝。

本市では800を超える地域の診療所・病院等の医療機関の協力による「個別接種」と本市が運営する13箇所での「集団接種」によりワクチン接種を推進。同時に大学や企業等による職域接種も積極的に実施いただいています。
本日から中央卸売市場が会員等約1,000名を対象に接種を実施。中央市場卸売市場協会 内田隆 会長、ご協力の松仁会 内田病院 内田敦子 院長はじめ皆さんに敬意と感謝。
京都看護大学では、京都市立病院のご協力の下、保育職員・介護サービス従業員等のエッセンシャルワーカーを対象に接種を実施(土日)。京都工場保健会診療所では、(一社)京都工場保健会のご協力の下、集団接種の希望登録者を対象に接種を実施しています(平日(火・金)及び土日)。また京都工場保健会さんにおいてはみやこめっせ会場の1日千人もの集団接種にもご尽力。深謝。
引き続き、医師会・私立病院協会・看護協会、薬剤師会はじめ医療関係団体、企業・大学等と連携を深め 地域の医療機関での個別接種、京都市の運営する集団接種会場、企業・大学等での職域接種等と合わせ、10月末までに希望される方が接種いただける体制構築と、国からのワクチン確保に全力で取り組みます。


今月の記事

アーカイブ