門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.18
記念すべき10回目!京都国際漫画アニメフェア「京まふ」。感染防止対策を徹底して開催!今年は「洛市楽座」をテーマに、51企業・団体が出展!メイン会場のみやこめっせ・ロームシアター京都に加え、京都国際マンガミュージアム(第2会場)、東映太秦映画村(特別会場)でも開催!

昨年に続き、今年もコロナ禍の下ですが、感染拡大防止策を徹底(時間毎の定員制限、密の回避、飲食の中止等)。企画内容も更なる進化!「洛市楽座」をテーマに「リアル×オンライン」を加速させ、「文化と経済の融合」、「新しい価値の創造」を目指した取組を世界に発信!“カタチ” にこだわらない様々な企画で、京都のまちを彩ります。
わかさ生活(株)角谷社長の著書「女子高生と魔法のノート」の産官学連携によるアニメ・マンガ制作の発表も。
㈱手塚プロダクション 松谷孝征 社長、㈱KADOKAWA 角川歴彦 会長、㈱トーセ 齋藤茂 会長、京都国際マンガミュージアム 山元英昌 事務局長はじめ実行委員会の皆さん、出展者の皆さん、ご来場の皆さん、ご尽力の全ての皆さんに心から敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ