門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.20
市立堀川高校から京都大学に進学、そして男子20㎞競歩初のメダル!文武両道の象徴!東京オリンピック陸上男子20㎞競歩で銅メダルの山西利和選手に「京都市スポーツ最高栄誉賞」を贈呈!堀川高校で山西選手を指導された船越康平 先生(現在は市立工学院高校教頭、陸上部顧問)もご臨席。心から敬意。

山西選手は市立堀川高校で船越先生と出会われ初めて競歩を始められ、以後、顧問の船越先生と二人三脚で歩まれ、この度、高校時代からの地道な努力が花開き、日本人初の 男子20㎞競歩のメダルという素晴らしい結果!。もっともご本人も周りも金メダルを期待し、世界のトップ選手が 山岸選手に的を絞ってマークされる状況下、無念の結果でも。しかし、大会当日は、気温31℃、湿度63%の過酷な環境で感動的な力走!京都大学出身のオリンピックメダル獲得は、1936年ベルリン大会以来85年ぶりの快挙!
船越先生をはじめ、山西選手を力強く支えてこられた皆さんにも心から敬意。船越先生のお言葉に教育者としての素晴らしい理念・高い志と実践を実感、この間の堀川高、京都工学院高の躍進の原点を感じました。今後も、パリ五輪での金メダルをはじめ、山西選手のさらなるご活躍を祈念!


今月の記事

アーカイブ