門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.22
京都市の市債を機関投資家や市場関係者にトップセールス!IR(投資家向けの広報活動)説明会を開催。例年 東京で開催してますが、初めてオンラインで開催。 京都市が直面するコロナ禍と財政危機という大きな2つの危機。この危機を乗り越え、次世代に魅力あふれる京都を繋ぐための「挑戦と改革」等についてお話させていただきました。

テーマは「持続可能な財政を確立し、魅力あふれる京都を未来へ」。
昨年来のフルオープンの「持続可能な行財政審議会」、また議会での深い議論を経て、令和3年度から5年間にわたる、「行財政改革計画」を策定。計画案には市民の皆さんから9,000件ものご意見(若者(30代)の割合が最多!(約2割))。それら一つ一つに真剣に向き合い、絶対に将来世代へ負担を先送りしない!同時に京都市が市民の皆さんと作り上げてきた全国トップ水準の福祉、教育・子育て支援、安心安全等の施策を、その理念を生かしつつ持続可能なものに再構築。より困っておられる方へ、セフティーネットの機能をしっかり果たす。そして、京都の「強み」による新たな価値を創造!京都のポテンシャルを最大限に発揮し、過去の延長ではない改革と挑戦を断行します。
この魅力あふれる京都を次代につなぐための道筋を作る、それが私の使命。「誰一人取り残さない、すべての世代が暮らしやすい魅力と活力あるまち」を実現へ、市民の皆さんと共に、不退転の決意で改革に取り組み、明るい未来を切り拓いてまいります。


今月の記事

アーカイブ