門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.23
第21回関西広域連合協会に参加(オンライン開催)。各地域で環境、医療、防災、産業、観光などで尽力されているリーダーの方々との貴重な意見をお聞きし、有意義な意見交換。

本市推薦の田中澪弥渚 委員(京都学生広報部、京都女子大文学部1回生)からは、「学生によるSNS等を通した観光地の魅力発信」をご提案。既に 京都で学ぶ魅力など全国の中高生に発信して頂いてますが、ポストコロナを展望して新たな手法で積極的な発信をお願いします!。
広域観光・文化・スポーツ振興副担当の私からは、モラルの課題解決へ、持続可能な観光を進めていくための行動基準をまとめた「京都観光行動基準(京都観光モラル)」、京都の隠れた魅力を紹介する「「とっておきの京都」プロジェクト」と共に、ウイズコロナ社会にあって観光のあり方、様々な社会課題を解決し、地域の持続的な発展、人々の豊かさ、環境問題やSDGs達成に貢献出来る観光振興へ、関係者共々京都モデルをつくるべく京都市の取組を紹介しました。
住民に最も身近な基礎自治体である指定都市として、関西広域連合が一層実りある役割を果たせるよう、皆さんと共々に努力します。


今月の記事

アーカイブ