門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.11.10
コロナ禍の厳しい状況の中、市立総合支援学校卒業生の就職者数は80名(35.6%。15年連続30%以上を維持!)職業学科の就職率83.9%!就労5年の定着率も8割超え!「障害のある市民の雇用フォーラム」。巣立ちのネットWORK(鈴鹿且久 代表)のご主催。誰ひとり取り残さない!SDGsを体現されるお取組に敬意と感謝。

市立総合支援学校等の卒業生51名への5年勤続表彰と10年勤続表彰。勤務先企業36社のご尽力に感謝状を贈呈。学校での学習と企業・事業所のご尽力による長期職場実習を組み合わせた京都市独自の「デュアルシステム」の導入などにより、卒業生の就職率はこの15年連続30%以上を維持。さらに、職業学科では83.9%!京都ならではの企業・経済界、支援学校、PTA、教育委員会の志の高さと連携、実行力の賜物!感服。
鈴鹿且久 代表はじめ、ご尽力の「巣立ちネットWORK」の皆さん、企業・事業者の皆さんらのご活動に深謝。これからも共々に障害のある方々の雇用拡大、継続に努め、SDGsの達成に貢献してまいります。


今月の記事

アーカイブ