門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.01.25
コロナ禍の下、京都ならではの食文化の継承・発展と安心の食を未来へ!京都料理芽生会新年意見交換会でご挨拶。感染防止対策を徹底して飲食無しでのご開催。磯橋輝彦 会長はじめ皆さんに敬意と感謝。

昭和30年の創立以降、京都の料理界の発展、文化の継承に多大なご貢献の京都料理芽生会さん。コロナ禍の厳しい状況の中でも、安心・安全に食事を楽しめるよう様々な感染防止対策を講じられ、昨年10月には「Chef’s Criteria of New Normal(飲食店の最高安全基準)」の策定にもご尽力。専門家のご意見をもとに1年がかりでまとめられた100項目にも及ぶ厳格な基準。飲食店の感染防止対策を徹底する京都発の新たなお取組。また、京都市中央市場内の京の食文化ミュージアムあじわい館での料理教室や 京都の暮らしに息づく文化を親子で実感していただく「文化の結び」プロジェクトなどを共に実施。コロナ禍でも京の食の安心安全を守り、食文化の魅力を創造・発信!心強い限り!
引き続き、共々に京都ならではの食文化の継承・発展へ、力を尽くすことを改めて決意。

今月の記事

アーカイブ