門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.09.05
2050年CO2ゼロ、持続可能な循環型社会の実現へ!使用済衣服の回収&循環プロジェクト「RELEASE⇔CATCH」の事業を開始。熱意溢れる民間事業者等に敬意。参画団体等の皆さんと共に共同記者会見(@QUESTION)。近年、「CO2排出ゼロ」「ごみゼロ」「食品ゼロ」と併せて「ファッションロスゼロ」が大きな課題に。サステナブルなファッション産業への移行を推進する企業プラットフォーム「ジャパン・サステナブル・ファッション・アライアンス」のパブリックパートナーとして京都市が自治体で初の加盟!このプロジェクトを契機に、ライフスタイルの転換を図るうえでも大きな意味を持つ「ファッションロスゼロ」の実現へ、共々に!本事業の成功を心から祈念!

(株)ヒューマンフォーラム 岩崎仁志 社長、京都信用金庫 榊田隆之 理事長、安田産業(株) 安田義祟 室長代理、(株)ジェイ・エス・ビー 山本貴紀 本部長、(株)たまゆら 田中健一 本部長と会見に登壇。
このプロジェクトは、家庭で不要になった衣服を回収し、再活用の輪を広げ、可能な限り地域内でリユース・リサイクルするプラットフォームを民間主導で創出するものであり、また、回収した衣服の一部は、支援団体を通じて困窮世帯等に寄付・活用するなど、SDGsにもつながる取り組み!
2050年CO2ゼロの達成には、市民・事業者の皆さんが脱炭素につながる取り組みを実践しやすくするための環境づくりが極めて重要。事業者、市民ぐるみで2050年CO2ゼロ、持続可能な循環型社会の実現へ!これからも共々に力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ