門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.10.09
京都学生祭典本祭!20回の節目のテーマは「恩、咲けべ!」。大学のまち・学生さんのまち京都の象徴!誇りです。長引くコロナ禍の下、白山龍太郎 実行委員長はじめ実行委員やおどり手の皆さんらが、1年間、心を込めてご準備。そして大学コンソーシアム、経済界・企業、行政、地域が支援!雨とコロナ禍を乗り越えて感動です。フィナーレで私も踊りに参加。ご尽力の皆さんに敬意と感謝。

感染対策を徹底し3年ぶりの対面開催!オンラインも活用したハイブリッドで創造的に!雨のため一部繰り上げ開催など危機管理も。
オープニングで神宮道でのパレード。神宮道北メインステージ・南メインステージ・岡崎グラウンドサブステージの3つのステージで、学生祭典の象徴「京炎 そでふれ!」総踊りや、第20回記念のスペシャルステージ、食ブースを使った体験型企画、オンラインとオフラインのハイブリッド形式で全国の団体が演舞を披露する全国おどりパフォーマンス 等々。情熱溢れる学生の皆さんの想い、実践に感銘!
持続可能なまちづくり、SDGsの達成に向け、学生さんの活躍が大きな力に!京都に根差し、同時に世界を視野に、皆さんの更なる創造的な飛躍を心から祈念!京都企業と学生さんの更なる繋がりも!
黒坂光 大学コンソーシアム理事長、木村光博 企画検討委員会委員長、村田大介 経済同友会代表幹事、土井伸宏商工会議所副会頭はじめ組織委員の皆さん、岡崎学区 澤邊会長はじめ地域や企業の皆さんが活動を温かく、時に叱咤激励しながら後押し。ずぶ濡れの中、学生さんの意欲に満ちた表情が心強く、感動です!ご尽力の全ての皆さんに心から敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ