門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.10.11
初開催!京都発 「2022国際メタバース大会in京都」。リアルとオンラインのハイブリッド形式でご開催。業界や企業の垣根を越えて最先端の情報や世界観を広く共有するハブとして、インターネット上の仮想空間「メタバース」という新しい概念を議論する礎に!実に意義深い大会を京都でご開催。本大会の開催を契機に、メタバースの更なる機運醸成、様々な課題の解決へ、協会のご尽力とご発展を祈念!本市もしっかり取り組みます。

京都精華大学 ウスビ・サコ 元学長が中心となり、(一社)国際メタバース協会を本年5月に設立され、本大会をご開催。業界や企業の垣根を越えて、世界トップクラスの有識者によるグローバルスタンダードの動向や、欧米・中国のメタバースの最新情報、世界のスタートアップと投資動向等を情報交換、様々な課題の解決、日本のメタバース関連技術を世界に発信されます。心強い限り!
近年、最先端の技術を活用してリアル・バーチャル双方で経済を循環させる仕組みへのニーズが高まっており、本市もバーチャル京都館「京都館PLUS X」の開設や、(株)ネイキッドと連携した次世代型街歩きプロジェクト「NAKED GARDEN ONE KYOTO」などメタバース等の最先端のデジタル技術を活用し、京都の魅力を世界に発信する取り組みを推進しているところ。また、ANA NEO(株)が開発中のSkyパーク(旅のテーマパーク空間)、Skyモール(ショッピング空間)、Skyビレッジ(未来の街をイメージした空間)の3つのサービスで構成されるバーチャルトラベルプラットフォーム「ANA GranWhale」における(株)トーセとも連携した新たなプロジェクトの構想も力強く。
これからも共々にメタバースはじめデジタル技術を活用した取り組みをより一層推進し、伝統と先端が融合するデジタル創造都市の実現を目指してまいります。
ウスビ・サコ会長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ