門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.10.19
技能競技と職業観教育の祭典!第46回技能五輪国際大会京都大会 表彰式・閉会式。世界からお集まりの22名の若い技術者が日頃の業務で培われた技能を遺憾なく発揮し、懸命に戦われた凛々しい姿は頼もしい限り!見事に優勝 、準優勝等された方の栄誉を称え、国を代表してご参加の皆さんの健闘を称えました。

職業訓練の振興と青年技能者の国際親善を図るため、2年に一度、各国の予選会などを勝ち抜いた選手たちが一堂に集い、磨き抜かれた技能を競う国際的な競技大会。今年はコロナ対策として世界15か国で分散してご開催。日本(京都)では、10/15から4日間にわたり、通信インフラ「情報ネットワーク施工」「光電子技術」「再生可能エネルギー」の3職種の競技を実施されました。3種目共に日本の代表が優勝(2人)、3位に輝かれました。
若い皆さんの高い志と実行力に感服。益々のご活躍を心から祈念!
ご主催の技能五輪国際組織委員会 ステファン・プラシュル理事、厚生労働省 奈尾基弘 人材開発統括官、中央職業能力開発協会 宮野甚一 理事長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ