門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.10
京都、西日本で初開催!第7回全国小水力発電大会 in 京都(@京都産業会館ホール)。全国、そしてオーストリア、台湾など世界から多彩な人々と企業が集結し、創造的な交流!本日から3日間にわたり企業展、基調講演、パネルディスカッション、交流会等々、充実の内容!大会実行委員会 新川達郎 委員長、全国小水力利用推進協議会 愛知和男 会長、関西広域小水力利用推進協議会 黒田末寿 会長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

全国小水力発電大会は、小水力発電に関するあらゆる関係者が一堂に会し、設備の導入や普及促進のネットワークを構築し、小水力発電を推進することを目的として毎年ご開催。今年で7回目!
京都市は、2019年に日本で初めて「2050年CO2ゼロ」を表明。この動きは日本全国に広まり、翌年には国の方針に。2050年CO2ゼロの実現には、市内温室効果ガス発生源の約85%を占めるエネルギーの「脱炭素化」が重要であり、小水力発電はじめ再生可能エネルギーの普及拡大が不可欠。
京都議定書誕生の地、パリ協定の実行を支える「IPCC京都ガイドライン」採択の地として、また、日本の自治体で最初に2050年CO2ゼロを掲げた都市として、引き続き、2050年CO2ゼロ、そしてSDGsの達成へ!全力投球することを改めて決意。


今月の記事

アーカイブ