門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.10
あらゆる社会課題の解決へ!人類学から新しい資本主義を考える!「京都流議定書」に駆けつけてご挨拶。今年のテーマは「文化人類学から考える地域、社会、そして未来」。全国のフロントランナーが挙ってご参加され、セッション!対面とオンラインのハイブリッド形式でご開催。実行委員長の(株)ウエダ本社 岡村充泰社長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

私が教育長当時からのご縁。実行委員長の岡村社長の熱意と行動力、素晴らしい人の繋がりでスタートし、今年で15回目!
ソーシャルイノベーション、NPO法人の活性化など、今の京都のまちづくりの根幹となる理念の原点が、このネットワークに。志高い多くの若き起業家たちが、ここでの学びや出会いをきっかけに飛躍!このイベントを通じて、数値化されない価値や、多様な人が交じり合う価値の重要性を改めて実感。
ウィズコロナ時代を展望し、これからも共々に未来の京都、日本、そして世界について考え、まちづくりを実践したいです。皆さんの益々のご活躍を心から祈念!


今月の記事

アーカイブ