門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.18
韓国での全日程を終え、昨夜帰京。早速、今回の世界歴史都市での成果、気づきを確認し、世界歴史都市連盟のネットワーク強化、さらに京都市における様々な課題の解決へとつなげてまいります!

今回採択の「平和連帯声明」や社会課題解決・SDGs達成への貢献などに関する「安東宣言」の各都市での実行への努力が重要です。
また、印象的だったのは、デジタル技術を駆使したOPパフォーマンスや、最新技術を活かしたスマート歴史都市の取組など。
さらにヨーロッパなどでご活躍の(株)NTTデータ 長谷部旭様からの、文化遺産のデジタルアーカイブ化やメタバースの取組に関する見事なプレゼンに感銘!NTTデータ 長谷部様、神野恭平様と貴重な意見交換も。
メタバース、NFTはじめデジタル技術を活用した取組の推進や、デジタル化の基盤となるマイナンバーカードの普及等に力を尽くすことを改めて決意!
また、韓国初の地方自治体外国人公務員として安東市で20年もご活躍、権奇菖(クォン ギチャン)安東市長はじめ韓国内で幅広い信頼を得られている緒方恵子様との出会いも最高でした。
今回の次期役員選出で、会長は引き続き京都市長が務めることでご支持を頂きました。田中議長はじめ市会の先生方と共に、会長として世界歴史都市連盟の更なる発展、世界平和への貢献にしっかりと役割を果たしてまいります!
改めて、権市長はじめ安東市の皆さん、柴田事務局長はじめ世界歴史都市会議事務局の皆さん、開催にご尽力の全ての皆さんに深謝!

(開催結果の詳細はこちら!)


今月の記事

アーカイブ