門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.17
ソウル市にある在大韓民国日本国大使館へ京都市代表団でお伺いし、相星孝一 在大韓民国大使と懇談。浪岡大介 公使、小林信一 一等書記官もご同席。世界歴史都市会議での成果などを報告。今回の会議は、世界の平和に向けた行動を呼びかける「平和連帯声明」や、コミュニティに根差した未来志向の歴史都市、歴史都市の社会課題解決・SDGsの達成に貢献などに関する「安東宣言」の採択・発信など実りの多い場に!

昨夜、ソウル市に着き、遅くから京都の皆さんと夕食。
今朝は早朝からホテル近くの韓国仏教の総本山「曹渓寺」を訪ねました。多くの参拝者。
そして大使館へ。
先ず、10/29の梨秦院で発生した雑踏事故に関して哀悼の意を表しました。
また、3年ぶりの対面での日韓首脳会談が開催され、懸案課題の解決への取り組みが確認されたことを権 安東市長はじめ多くの方が歓迎されていたことを伝えました。
京都と韓国の交流の歴史は極めて深く、市内には韓国籍等の方が2万人近く住んでおられます。
コロナ禍や不安定な国際情勢など厳しい状況は続きますが、これからも韓国はじめ世界との交流を深めていくことを誓い合いました。皆さんに深謝。
これで韓国での全日程が終了。田中議長はじめ議員の先生方、柴田事務局長はじめ世界歴史都市会議事務局を担っていただいている皆さん、マスコミの皆さんに深謝。


今月の記事

アーカイブ