門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.18
第16回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会にご出場!空手道桜塾京都本部の選手の皆さんが、酒井竜弥 統轄部長、石野源太郎 支部長と共にお越しに。平山たかお市議もご同席。選手の皆さんの真っすぐな眼差しと凛とした姿勢から、自分を律する心と体の強さを感じ、心強い限り。本大会でのご活躍を心から祈念!

全国から選抜された選手による大会に出場される、小学1年生から高校2年生までの12名の選手の皆さん。「礼節を重んじ人格の向上に努力すること」を道場訓に、日々稽古に精進されている選手や指導者、選手を支えておられる保護者の皆さんに敬意。
東京オリンピックでは本市ゆかりの荒賀龍太郎選手が銅メダルを獲得されるなど、注目が集まる空手道。また、日本の精神文化の拠点都市である京都で、武道・空手道の振興は心強い限りです!これからも皆さんと力を合わせて、武道・空手道はじめ地域に根差したスポーツの振興と青少年の健全育成に全力で取り組んでまいります。

空手道桜塾京都本部

今月の記事

アーカイブ