門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.03.06
京都の文化政策のマスタープラン! 京都文化芸術都市創生審議会 池坊専好 会 長、潮江宏三 副会長、佐野真由子委員(政策部会会長)、臼井喜法委員らから第2 期「京都文化芸術都市創生計画」策定に係る答申をいただきました。

文化芸術都市の創生に関する施策の総合的な推進を図るために、平成19年に策定 した京都文化芸術都市創生計画。策定から10年が経ち、文化芸術を取り巻く情勢 の変化等を踏まえ、今後の10年間を見通し、新たに次期計画策定に向け取り組ん でいます。
この度の答申では、4つの方向性をお示し頂きました。
①暮らしの文化や芸術に対する豊かな感受性をもった人々を育む
②多様な文化が根付く暮らしの中から、最高水準の文化芸術活動を花開かせる
③京都の文化芸術資源を活用し、文化を基軸にあらゆる政策分野との融合によ り、新たな価値を創造する
④様々な文化交流を推進し、京都の魅力を発信する
各界を代表する委員の皆さんの英知が結集された答申を重く受け止め、東京オ リ・パラ、そしてその先を見据え、文化庁の移転が決定した京都から、「ほんま もの」を発信し多彩な文化芸術施策を展開し、文化芸術の更なる振興に、市民の 皆さんと共に取り組んで参ります。