門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.03.09
プラハ市、姉妹都市20周年、アドリアナ・クルナーチョヴァー プラハ市長、ヤン・ウォルフ評議員、エリスカ・カプリツキー・フクソヴァ市議会議員らご一行がご入洛。トマーシュ・ドゥプ駐日チェコ大使、ロビン・ヘジュマンチェコ日本友好協会会長(国際観光大使)もご一緒。津田議長、曽我副議長ら議員の先生方、多くの職員とともにお迎えしました。

昨年、6月に136名のボランティアの市民の皆様らと共にプラハ市を訪問。茂山家と現地の「なごみ狂言会チェコ」との公演、カレル大学合唱団と立命館大学とのコンサートなど様々な記念事業を通じ友好を深化。7月には京都駅や国際会館で「プラハの夕べ」等を開催するなど、文化芸術、スポーツ、大学など、両市、両国の交流を深めてきました。
チェコ・プラハから市長をはじめ代表団の皆様が京都をご訪問。本日、北部クリーンセンター、二条城、明日には、梅小路公園、錦市場、清水寺などをご視察。また、姉妹都市20周年記念事業としてギャラリーしまだいでは「ヤルミラ・ムハ・プロツコヴァー工芸展」、国際交流会館では「イリ&オットー ブベニチェク兄弟」(バレエダンサー)のパフォーマンスやドキュメンタリー映画の上映も。市長らと文化芸術、環境政策、景観、観光などについて意見交換。似顔絵も大変お喜び頂きました!
これからも両市・両国の友好、親善を深めていくことを誓い合いました。深謝。