門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.03.11
京都の景観を更に美しく、未来へ!「京都景観賞」、初の「景観づくり活動部門」を創設、地域に根差した多彩な活動、改めて感激です。

京都の優れた景観を守り、育て、未来へと引き継ぐため、10年前から、建物の高さやデザイン、屋外広告物の規制等を強化、眺望・借景の保全など6つの条例からなる「新景観政策」を実行。そして、平成24年度から、創意工夫にあふれた景観づくりを表彰。これまで、「屋外広告物部門」と「建築部門」を実施。この間、京都のまちは美しくなってきたと、国内外から高くご評価。今年は、そうした取り組みを先駆的に実行して頂いてきた方々に着目。初めて「景観づくり活動部門」を表彰。「物」から「人」に表彰の進化です。
市民の皆様による優れた景観づくり活動を称え、姉小路界隈を考える会の「住まいとなりわいが共存する行儀よく品格のあるまちへ」に市長賞を、また、優秀賞9件、審査委員奨励賞13件、奨励賞18件の表彰をさせて頂きました。受賞者の発表、シンポジウムもじっくり拝聴。感銘を受けました。美しい京都の景観まちづくりへの皆様のご貢献に心より敬意と感謝。