門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.03.28
世界に誇る美術館であり続けるために! 京都市美術館再整備工事、受託者の松村組さんと協議

開館以来、84年にわたり文化芸術都市・京都の中核施設として、日本の美術・文化振興に大きな役割を果たしてきた「京都市美術館」
更なる発展に向けて、展示室の大幅拡張(常設展、現代アートスペースの創設等)、バリアフリー化など抜本的な改修等、時代の要請に応じた再整備を実施します。工事の受託先が先日の市会で可決。松村組 川本社長、岩本大阪支店長、西村 京都支店長らと協議。松村組さんは岡崎の国立近代美術館やみやこめっせも施工。世界に誇る美術館であり続けるため、市民の皆さん、京セラさん、松村組、地域の皆さんらのご理解ご支援をいただきながら、再整備基本計画に基づき、世界に冠たる美術館の実現に向け全力を尽くします。