門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.03.31
子育て・教育環境日本一のまちづくり!今年を「はぐくみ文化創造元年」に! 「子ども若者はぐくみ局」が発足!

子どもを笑顔で温かく見守り、地域や社会の宝として大切に育む「はぐくみ文化」が息づく京都のまちづくりを市民ぐるみで実践する。その思いを込めて、議論を重ね、平成19年2月5日に制定された「子どもを共に育む京都市民憲章(京都はぐくみ憲章)」。今年10周年を迎えました。この間、市会においても条例化。社会の宝である子どもたちを、市民ぐるみ、地域ぐるみで、社会全体で育む実践の輪が広がってきました。
そして、いよいよ、4/1付けで「子ども若者はぐくみ局」を市役所に創設!5月には区役所に「子ども若者はぐくみ室」を設置!地域と行政が一体となり、子どもの成長段階に応じた切れ目のないきめ細やかな支援の取組を更に強力に推進。そして京都から子育て、子ども、若者が抱える閉塞感を打ち破るため、私から、① 縦割りの打破 ②徹底して子ども、子育て世代や若者の目線に立つ ③働き方改革 の3点をお願いしました。皆さんとともに、市民ぐるみで、京都に息づく「子どもを地域や社会と宝として大切にはぐくむ京都の文化」を「はぐくみ文化」として創造してまいります。