門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.03
文化庁の「地域文化創生本部」がいよいよ京都・東山区に創設!宮田本部長(文化庁長官)の下に38名に体制で!(当初は30名の予定が充実)。これから新しい文化行政が始まり(宮田長官談)、文化で経済を活性化し、人々を幸せに、日本を豊かに、世界から憧れられる国にするため、大きな転換期。

昨年3月、永年の悲願であった文化庁の京都への全面的移転が決定。
政府、関係者のご英断に心から敬意と感謝。そしていよいよ本日、全面的移転に向けしっかりと準備するため、一部先行移転組織「地域文化創生本部」が創立。感無量です。
地域文化創生本部は、文化庁はもとより、府市、関西広域連合、京都・関西の経済界、企業、大学からオール京都、オール関西による体制を確立!文化庁の各部課にまたがる業務を一体的・融合的に推進、観光・まちづくり等文化関連分野と積極的に連携するなど、新たな政策ニーズに対応!
文化庁の京都移転は、東京一極集中の是正や人口減少社会の克服を目指した、国の地方創生を推進する取組の一環。文化で日本全国を元気に!文化で世界の平和に貢献。そのため、文化と経済、観光、教育、福祉、子育て支援など~あらゆる施策を融合して新たな文化政策を創造。宮田文化庁長官の力強いお言葉。心強い限りです。また、義家文科副大臣の力強い激励も!
本市としても、文化を機軸とした都市経営を更に深化させ、全国と連携し、危機的な全国の地場産業や中小企業の振興につなげ、更に創造的な文化発信へ!文化立国、文化GDPの拡大、豊かな日本の実現への貢献を固く決意しました。改めて深謝。