門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.05
素晴らしい「京都美術工芸大学」の東山キャンパスが、元貞教小学校跡地に開校!文化芸術・伝統産業の担い手育成等に多大のご貢献 二本松学院と貞教学区の皆さんらに敬意。景観に調和し、見事な学舎です!

京都美術工芸大学・京都建築大学校・京都伝統工芸大学校の運営母体である二本松学院。全国唯一の「工芸学部」を持つ京都美術工芸大学が東山区に。
京都国立博物館や清水寺はじめ多くの神社仏閣が集積する地域。文化財の宝庫、そして、京焼・清水焼をはじめとする伝統産業・文化が息づく東山の地で日本の伝統美を学び、ものづくりで未来を創造する担い手を育成いただきます。
昨年には、二本松学院と本市とで、文化財の保存・活用をはじめ、観光振興、伝統産業振興、まちづくり、ひとづくりなど、多様な分野において連携を深め、担い手育成について連携協力包括協定を締結。
鴨川の対岸に位置する崇仁地域には、市立芸大の移転が決定し、いよいよ動き出します。一昨日には文化庁地域文化創生本部が同じ東山区に発足。同本部からもご参加。心強いです。
これからも、二本松学院 新谷秀一 理事長、京都美術工芸大学 冷泉為人 学長、客員教授のコシノジュンコさんをはじめ関係者の皆さんと手を携え、引き続き、世界の文化首都を目指し共々に全力を尽くます。