門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.11
大学のまち、学生のまち・京都ならではの魅力を創造・発信~第15回京都学生祭典組織委員会~

15回の記念となる今年のテーマは文化庁の京都への移転決定、先行組織の発足の意義を学生祭典でしっかり踏まえ、「京都学生文化の創出」!喜馬爽実行委員長らから、抱負と詳細な企画案の説明。
活動目標として①京都文化・国際文化の再発見 ②学生らしさと文化の融合 ③京都学生文化の魅力を広く発信。そして、新たに、15回記念事業として、6月に地下鉄東西線20周年記念と連携し京都学園大・太秦キャンパス、8月に京都駅ビル・ポルタとコラボしたプレイベントを開催!さらに、プロモーションビデオの作成、毎月15日を京都学生発信の日として、学生たちが茶道・華道・和装など生活文化を体験し発信!「京都文化力プロジェクト」「東アジア文化都市」「大政奉還150周年」などとも連携!本祭は10月8日(日)。京都が文化と学生さんのパワーに染まる1年になりそうです。年間通じ、夜間パトロールや、地域行事、打ち水、清掃活動などにも積極的に参加される皆さん。敬意と感謝。
大学コンソ理事長の吉田 立命大総長、経済界から 木村企画検討委員長(キャリアパワー社長)、豊田経済同友会事務局長らが提言と激励。実行委員会の皆さんを先頭に、多くの方々と力を合わせて盛大に行われること祈念し、京都市も全力で応援します。