門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.11
ヒューリック㈱ 西浦 会長、中村 部長、㈱古瀬組 古瀬 社長、小野取締役らがお越しに。

先日、元立誠小学校の跡地活用の方法について公募型プロポーザルを実施。13社ものご提案の中から、第三者機関の審査のうえ、事業者に選定されたヒューリック㈱。
地域の活動の拠点、そしてシンボルでもある貴重な近代建築の既存の校舎を相当部分保存し、既存校舎と調和したデザインの新築棟を建設。文化が集まり、出会いが生まれ、多様な賑わいが地域に広がる複合施設が誕生します。敷地内には、文化事業スペースのほか、屋外オープンスペース、宿泊施設(約200室)、商業施設のほか、地元利用施設として自治会活動スペースを設置。
宿泊施設では食器・内装・寝具などへの伝統産業品の使用や着物の着用なども依頼。伝統文化・産業の振興、観光政策上重要となる宿泊施設の確保、地域振興、雇用創出などにつながる計画が実現するよう取り組んで頂きたく、改めてお願いしました。