門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.11
嬉しい提言!京都の町家を保存・活用へ共々に頑張ります!(一社)京都経済同友会 都市問題委員会 南部邦男委員長、前野芳子副委員長、吉田光一副委員長、中村憲男幹事から京町家の活用に関する提言書を頂戴。意見交換。

京都・日本・世界の宝として京町家を継承していくことが私たちの使命。そこには、日本人が大切にしてきた暮らしの美学、生き方の哲学が凝縮!、都市格の向上と共に、近年、町屋の価値が高く評価され、需要は高まる一方、年々、解体・滅失は進行し、また、多くの町家が空き家となるなど重大な課題に。これまでから、伝統的建築物保存地区の指定や、景観重要建造物の修理等に対する助成などに取り組んでいますが、京都の更なる魅力、都市格の向上のためには、京町家の保全・活用の機運を高めていくとともに、所有者への支援、継承できる環境づくりが必要!
これらの課題意識を共有する京都経済同友会都市問題委員会の皆様からの提言を頂きました。提言では京町家の解体の危機を事前に把握し、保全及び活用につなげるため、対象となる京町家、京町家の流通促進、所有者の負担軽減についての具体策をご提案いただいています。熟読させて頂き、本市が検討を進めている条例策定においても、しっかりとその内容を生かしてまいります。
文化庁の京都への全面的移転、東京オリ・パラに向け、京都の注目がますます高まっていく中、皆さんとしっかり連携し、京町家を未来に伝えていく取組を加速させてまいります。