門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.05.04
京芸transmit program2017 期待の新人作家を紹介するシリーズ第一弾!を拝見、京都市立芸大の未来への可能性の大きさに感激!

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAが堀川御池・二条城前の街中に開設され8年目。開館当初から継続されてきた「京芸」を今年からリニューアル。市芸大学を卒業、あるいは大学院修了3年以内の若手作家の中から期待の新星を紹介するシリーズへ!記念すべき第一弾として、西太志さん、水谷昌人さん、迎英里子さん、矢野洋輔さん4人の作品を展示!次世代を担うであろう4人の才能溢れる作品を拝見し、その表現力に圧倒され、楽しく拝見しました。
京芸はいよいよ京都駅東、京都駅から徒歩5~10分の崇仁地域への移転構想がスタート。京芸は明治13年、我が国初の創設(当初は御所の中に)輝かしい伝統を生かし、未来へ羽ばたきます。