門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.08.26
早朝から爽快な汗 「ルーマニアを美しくする会」ジュリアン・ブラッツさん、クリスチャン・ポペシュさん、アンドレ・ラドュッツさんらと「京都新洗組」に参加、木屋町・高瀬川を清掃。懇談会

ジュリアン・ブラッツさんは3年ぶりのご参加。他の2人も会社の社長などを努めルーマニアで日本式の掃除の実践!。「日本を美しくする会」田中義人 前会長らもご参加。毎土曜日・定例の「京都新洗組」な活動で立誠自治連の諸井会長や、今回は地域の警察の方もご参加。毎週土曜日、朝6時から木屋町通や高瀬川の掃除をするこの活動。今日も、排水溝から高瀬川まで、皆さんと一緒に心を込めてきれいに。掃除を通して何かを学び、謙虚に自己研鑽される皆さんの尊いご活動。頭が下がります。
さて、ルーマニアの実践に感銘。13年前に掃除に学ぶ会の田中義人会長の会社を訪問されたジュリアンさんが感激され、スタート。日本の文化など造詣も深く、ルーマニアでKAIZENという会社も経営され、学校や地域などでの掃除の実践を通じて一人一人が心を磨き、会社の経営も改善、地域社会にも貢献する。更に掃除を通じて子ども達の育成も。田中義人さんも7回ルーマニアを訪ねてご指導。私のメッセージも。そして、その活動がルーマニアのいくつもの都市に拡がり、更にハンガリーやチェコにも。
武道家でもあり、大学でも教鞭をとられるるジュリアンさんは、日本の掃除道から学んでいるとのこと。心より敬意と感謝、福井さんらの手作りのお寿司と味噌汁で懇談会。深謝。