門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.09.10
「国家戦略としての京都創生」平成15年から果敢に挑戦!昨年の文化庁の全面的移転の決定に結実!この間、多大のご尽力の各省庁の素晴らしいリーダー等による「日本の京都研究会」。京都視察・勉強会

京都は日本・世界の宝!その宝を守り創生するため、京都でな果たすべき役割を誠実に全力投球。同時に、国の施策の充実・転換なしに成し遂げ得ないことも多々~。これらを国策に位置付けて、保全・再生し、そして未来に受け継ぐ「国家戦略としての京都創生」。
その取組の一環として、国の省庁の幹部職員、学識経験者、本市幹部職員による「日本の京都」研究会!今日まで着実なお取組。敬意と感謝。今日、明日の2日間、総務省、文科省、国交省の幹部職員の方々がお忙しい中、京都にお越しいただき、京都の奥深い文化を体感され、同時に継承への課題、伝統産業の厳しい現実も説明申し上げました。
今回は、皇室ゆかりの御寺 泉涌寺、日本初EVスポーツカーを製造販売するGLM㈱、文化財の保存活用を進めている二条城、町家保全の先進事例「町家旅館 蔵や南聖町」、新たに条例に基づく視点場に追加する予定の大徳寺境内地からの眺望景観、先日完成した小川通の無電柱化事業、裏千家今日庵での茶の湯など、この間の京都創生のための取組をご視察いただくとともに京都に息づく文化をご体験。そして、進捗と課題について活発で建設的な意見交換。とても有意義な時間となりました。ご参加の皆さん、そして視察先としてご協力の方々に敬意と感謝。