門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.10.05
林野庁 近畿中国森林管理局 高野浩文 局長らがお越しくださり、じっくり懇談。

国有林の管理や、治山による災害防除、自然とふれあう森づくりなどにご尽力の近畿中国森林管理局。
京都の市域面積の約75%は緑豊かな森林。寺社仏閣、京町屋など、1200年を超えて木の文化とともに歩んできた京都のまち。高齢化や人手不足、需要の低迷による価額の下落などで、北山杉をはじめ、京都の素晴らしい林業、木材が厳しい状況。それ故に間伐など森林の手入れが行き届かず、荒廃も問題に~。引き続き、国、林業関係者と連携を深め、日本の暮らし、文化、まちづくりを支えてきた京都の林業の継承発展に努力します。