門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.06.06
ウィーンは半日で出発。素晴らしい歴史・文化のまちの道を通っただけでバート・イシュルへ。

素晴らしい宮殿など、外から拝見するだけで、世界歴史都市会議開催のバート・イシュル市へ。陸路で約4時間。13世紀に歴史書に最初の記述。16世紀には塩田が開かれ、19世紀には貴族の避暑地、現在は保養地に。人口1万4千人と小さな町ですが、まちを美しい川が流れ山々で囲まれる景色に、京都を思い出します。夜は、会議参加の各都市の代表の皆さんと交流。明日からはいよいよ会議本番、ホテルで準備。